本文へジャンプ

平成19年度~

本事業は、「戦略立案・実行評価」、「統合データベース開発」、「統合データベース支援」の3つの柱にて実施します。事業の3つの柱のすべてを担う中核機関、および中核機関の下で「統合データベース開発」の一部を担う分担機関の体制で実施します。 なお、分担機関は連携して、化合物・医薬品、臨床・疾患などの医療に関わるデータベースの統合化を進めます。 中核機関、分担機関のいずれも研究参画機関と複数で体制を組んで実施している機関があります。

また、ライフサイエンス、情報処理技術、ライフサイエンスデータベースの3分野の専門家により、研究運営委員会を組織しています。この委員会では、統合データベース整備事業の適正かつ円滑な実施に必要な重要事項の議論を行います。


統合データベース実施体制

実施体制(平成19年度~)

[中核機関]

大学共同利用機関法人情報・システム研究機構
研究代表者: 高木 利久 (情報・システム研究機構 特任教授)
研究参画機関
  • 科学技術振興機構
  • 産業技術総合研究所生命情報工学研究センター
  • かずさDNA研究所
  • 九州大学
  • 奈良先端科学技術大学院大学
  • 長浜バイオ大学
  • 東京大学
  • お茶の水女子大学
[補完課題を実施する機関]
  • 独立行政法人理化学研究所
  • 代表者:豊田 哲郎
    課題名:「植物オミックス情報および蛋白質構造情報」
  • 独立行政法人産業技術総合研究所
  • 代表者:成松 久
    課題名:「糖鎖修飾情報とその構造解析データの統合」
  • 大学共同利用法人情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所
  • 代表者:五條堀 孝
    課題名:「塩基配列アーカイブのデータベース構築と統合への貢献」
  • 国立大学法人九州工業大学
  • 代表者:皿井 明倫
    課題名:「生体分子の熱力学データと構造データの統合」

[分担機関(医療に関わるデータベースの統合化)]

国立大学法人 京都大学
研究代表者(H19):金久 實 (京都大学化学研究所バイオインフォマティクスセンター センター長)
研究代表者(H20~):五斗 進 (京都大学化学研究所バイオインフォマティクスセンター 准教授)
国立大学法人 東京医科歯科大学
研究代表者:田中 博 (東京医科歯科大学情報医科学センター センター長)
研究参画機関
  • 大阪大学
国立大学法人 東京大学
研究代表者:徳永 勝士 (東京大学大学院医学系研究科 教授)
研究参画機関
  • 東海大学
  • 日立製作所