本文へジャンプ

過去の研究成果・プレス発表一覧

  
2011年3月25日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、マウス(C57BL/6N系統)のBACライブラリーを構成するクローンの末端配列情報のデータベース「Mouse B6N BAC Clone Database」(理化学研究所 吉木淳室長)を追加しました。
  
2011年3月22日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、トマト品種マイクロトムのBACライブラリーを構成するクローンの末端配列情報のデータベース「Micro-Tom BAC End Sequence Database」(筑波大学 浅水恵理香准教授)を追加しました。
  
2011年3月22日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、マウス胚の初期発生における遺伝子発現パターンデータベース「PGE」(ERATO土居バイオアシンメトリプロジェクトと独立行政法人科学技術振興機構により作成)を追加しました。
  
2011年3月18日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、131の化合物をラット個体およびラット・ヒト肝細胞へ曝露した際の遺伝子発現と毒性のデータベース「Open TG-GATEs」(独立行政法人医薬基盤研究所、国立医薬品食品衛生研究所および15の製薬企業が参画したトキシコゲノミクスプロジェクトにより作成)を追加しました。
  
2011年3月2日
「辞書の構築と公開」に新しく辞書が追加され、DBCLSメタ用語集 メタ用語集 学名編へ国立科学博物館が運営するサイエンスミュージアムネット内の自然史標本情報のデータが追加されました。また、辞書データの検索を補助するツールもダウンロードできるようになりましたので、合わせてお使いください。
  
2011年1月20日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、中性子回折法や高分解能X線回折法による生体高分子の立体構造中の、水素や水和水、水素結合のデータベース「HHDB」(日本原子力研究開発機構 玉田太郎グループリーダー・岡崎伸生研究員)を追加しました。
  
2011年1月13日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、ライフサイエンス分野のメタデータ要素のレポジトリ「MDeR」(科学技術振興機構)を追加しました。
  
2010年12月16日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、プラナリアの神経回路形成に関わる遺伝子群の単一細胞での発現情報と、Whole-mount in situ hybridizationおよび組織免疫染色による画像データを収録したデータベース「Plabrain DB」(京都大学 阿形清和教授ら)を追加しました。
  
2010年11月2日
「辞書の構築と公開」に新しく辞書が追加され、学術用語集の農学編、植物学編、化学編 (増訂 2 版)、歯学編 (増訂版)、薬学編、 動物学編 (増訂版)が利用できるようになりました。
  
2010年10月27日
文部科学省委託研究開発事業「統合データベースプロジェクト」の一環として、独立行政法人産業技術総合研究所糖鎖医工学研究ーセンターが、糖鎖科学に関する実験プロトコルのデータベース、「GlycoPOD」を公開しました。
  
2010年9月27日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、マボヤの遺伝子発現とESTのデータベース「MAGEST」(真壁和裕(徳島大学)・川島秀一(東京大学)・西田宏記 (大阪大学)・川島武士 (独立行政法人沖縄科学技術研究基盤整備機構))を追加しました。
  
2010年9月17日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、メダカ EST、迅速マッピングシステムM-marker 2003、medaka microarray 8Kのデータを含むデータベース「Medaka EST Database」(東京大学 武田洋幸教授)を追加しました。
  
2010年9月9日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、日本人におけるマイクロサテライトマーカーへテロ接合度のデータベース「Heterozygosity of the Microsatellite Markers in the Japanese Population」(九州大学 山本健准教授)を追加しました。
  
2010年9月2日
「文科省「ゲノム」研究報告書 全文検索」から文部科学省科学研究費特定領域研究「ゲノム」4領域(平成16年度~21年度 実施)のすべての最終報告書が閲覧・ダウンロードできるようになりました。
  
2010年9月1日
日本人を著者とする生命科学分野の論文の日本語によるレビュー(著者自身が執筆)を無料でいち早く掲載するサイト、「ライフサイエンス 新着論文レビュー」を公開しました。
  
2010年8月10日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、膜貫通トポロジーモデルと各種トポロジー予測法の性能検証結果のデータベース「TMPDB」(弘前大学 清水俊夫教授)を追加しました。
  
2010年7月9日
微生物情報に関するデータベースを微生物産業利用・バイオセーフティ関連情報「DIAM」(財団法人バイオインダストリー協会)に含まれる、微生物の同定・分類、安全、および利用に関する情報を提供するデータベース「生命科学系データベースアーカイブ」に追加しました。
  
2010年6月22日
「統合TV」のまとめサイト「統合TVCurated」を公開しました。
  
2010年6月8日
新しいサービス「TogoProt」を公式にリリースしました。
  
2010年5月24日
文部科学省・経済産業省関連の生命科学系データベースの相互検索についてプレス発表
  
2010年4月28日
「BodyParts3D/Anatomography」のインターフェースが変わりました。また、胸部や骨格のデータが修正されて、筋肉のデータも追加されました。
  
2010年4月28日
「DBCLS Galaxy」に新しい機能が加わり、「Gendoo」 やFreebase へのアクセスツールや処理が終わったことをお知らせするツールなどが増えました。また、 「TogoDB」に収められたデータの取り出しや、 「TogoDB」へデータの送り出しが可能になったほか、データのアクセス権限も設定できるようになりました。
  
2010年4月26日 「生命科学系データベースアーカイブ」へのデータベース追加のお知らせ
2010年4月23日(金)より「生命科学系データベースアーカイブ」に、「RA target genes in the Ciona embryo」(高知大学 藤原滋樹教授)を追加しました。これはカタユウレイボヤ胚におけるレチノイン酸標的遺伝子のマイクロアレイによる発現解析とin situ hybridizationによる画像のデータベースです。
  
2010年4月20日 「生命科学系データベースアーカイブ」へのデータベース追加のお知らせ
2010年4月19日(月)より「生命科学系データベースアーカイブ」へ、微生物産業利用・バイオセーフティ関連情報「DIAM」(財団法人バイオインダストリー協会)から3つのデータベースを追加しました。
DIAM ‐ バイオセイフティ関連の法規制
DIAM ‐ バイオテクノロジーの基礎知識
DIAM ‐ 安全性に関する文献
  
2010年4月8日 『蛋白質核酸酵素』2007年分バックナンバー追加のお知らせ
『蛋白質核酸酵素』の2007年分月刊号総説全文(121報)が「蛋白質核酸酵素全文検索」「生命科学データベース横断検索」から新たに検索・閲覧できるようになりました。
  
2010年3月24日
LSDB Labから「RefEX:Reference Expression dataset」が利用できるようになりました。「RefEX」は、ヒトとマウス遺伝子の発現パターンデータが解剖学的に閲覧・ダウンロードできる統合サイトです。
  
2010年3月24日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、可変型遺伝子トラップ法により作製したマウスES細胞のデータベース「EGTC」(熊本大学 荒木正健准教授)を追加しました。
  
2010年3月16日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、SBトランスポゾンによる変異マウスのデータベース「Transposon insertion site database -germline」(大阪大学 堀江恭二准教授)を追加しました。
  
2010年3月16日
「統合ホームページ」「KazusaMart」へのリンクを追加しました。
KazusaMart(かずさDNA研究所)は植物と関連微生物のゲノム情報管理システムで、現在、シアノバクテリア34生物種のゲノム情報を提供しています。
  
2010年3月9日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、生体高分子のX線結晶解析で行われる重原子化の事例を収集したデータベース「HATODAS」(理化学研究所 国島直樹グループ副ディレクター)を追加しました。
  
2010年3月5日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、線虫の胚の部位を特異的に認識するモノクローナル抗体コレクションのデータベース「KTmAbDB」 (理化学研究所 杉本亜砂子チームリーダー)を追加しました。
  
2010年3月5日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、細胞性粘菌の発生時期ごとの遺伝子発現分布のデータベース「Atlas (ISH Data Base)」(筑波大学 漆原秀子教授)を追加しました。
  
2010年2月17日
「生命科学系データベースアーカイブ」へ、ショウジョウバエGAL4エンハンサートラップ系統のデータベース「GETDB」(理化学研究所 林茂生グループディレクター)を追加しました。
  
2010年2月15日
「生命科学系データベースアーカイブ」(旧:生命科学系データベースアーカイブサービス)へ、線虫の胚発生致死温度感受性変異株のデータベース「WorTS」(大阪大学 中村邦明研究員)を追加しました。
  
2010年2月15日
「生命科学系主要プロジェクト一覧」(旧:ゲノム・ポストゲノム主要プロジェクト一覧)に、文部科学省所管の17プロジェクトの情報を追加しました。
  
2010年1月29日
平成20年度に「統合データベースプロジェクト」の一環として開発したサービスを中心に、ユーザーの皆さまにご評価いただいた結果と今後の対応を公開いたしました。こちらからご覧いただけます。
  
2010年1月29日
解剖学用語の和英ラテン対応辞書(NominaAnatomica第3版)がCSV形式でダウンロードできるようになりました。こちらからダウンロードいただけます。
  
2010年1月15日
既に公開しているメタ用語集(学名編・学術用語編)のデータを羅和翻訳や和英翻訳などの翻訳に利用しやすい形(翻訳用テーブル)でまとめてダウンロードできるようにしました。ダウンロードサイトはこちらです。
  
2010年1月15日
ライフサイエンス統合データベースセンターのホームページ統合ホームページに掲載されるお知らせが、Twitterからもご覧いただけるようになりました。
  
2009年12月18日
統合データベースプロジェクトで開発中のサービスを紹介するLSDB Labから文献情報管理・推薦システム「TogoDoc」がたどれるようになりました。また、個人のPCで文献を管理するツール「TogoDoc Client」もたどれます。
  
2009年12月3日
2009年12月3日(木)より「生命科学系データベースアーカイブサービス」へ、細胞性粘菌 cDNAの塩基配列と機能アノテーション結果のデータベース「Dicty_cDB - Dictyostelium cDNA Database」(筑波大学 漆原秀子教授)と、ホウライシダのEST配列と機能アノテーション結果のデータベース「AcEST - Adiantum capillus-veneris EST」(首都大学東京 鐘ヶ江健博士)を追加しました。
  
2009年12月1日
2009年12月1日(火)より東京大学、東京大学附属病院、東海大学、日立製作所の疾患解析DBグループは、「統合データベースプロジェクト」の一環として構築しているGWAS-DBにおけるデータ共有指針を発表いたしました。データ共有方針はこちらからご覧いただけます。
  
2009年11月12日
2009年11月12日(木)より「OpenID」がアップデートされて英語でも利用できるようになりました。
  
2009年11月6日
「生物アイコン」においてヘルプページを開設し、アイコンの利用方法や画像投稿の手順がご覧いただけるようになりました。
  
2009年10月9日
2009年10月7日(水)より生物データ処理の対話的ワークフロー作成インタフェイス「DBCLS Galaxy」を公開しました。
  
2009年9月14日
2009年9月14日(月)より「生命科学系データベースアーカイブサービス」へ、95生物種のタンパク質配列のクラスタのデータベース「Gclust Server」 (東京大学 佐藤直樹教授)と、出芽酵母の完全長クローンの5'cDNA配列データベース「Budding yeast cDNA sequencing project」 (東京大学 伊藤隆司教授)、及びY2Hによる出芽酵母のタンパク間相互作用のデータベース「Yeast Interacting Proteins Database」 (東京大学 伊藤隆司教授)を追加しました。
  
2009年9月14日
2009年9月14日(月)より「DNAデータベース総覧と検索」の検索速度が向上しました。キーワード検索は瞬時に検索が可能に、BLAST検索はDDBJの高速BLASTサービスにより、従来より5倍速く検索が可能になりました。
  
2009年9月11日
2009年9月11日(金)より「生命科学系データベースアーカイブサービス」へ、マクロファージの分化、活性化に関する文献リストやキュレーション結果とパスウェイデータを収録したデータベース「DMPD」(東京大学医科学研究所 宮野悟教授)とtRNA配列をエキスパートによりキュレー ションしたデータベース「tRNADB-CE」(長浜バイオ大学 阿部貴志博士)を追加しました。
  
2009年8月24日
統合ホームページにおいて、「ゲノム・ポストゲノム主要プロジェクト一覧」に11件のプロジェクト(文部科学省)を追加しました。
  
2009年7月31日
DDBJリードアーカイブのサイトDDBJトレースアーカイブのサイトがリニューアルされました。
  
2009年7月23日
世界最大級のタンパク質結晶構造解析実験データベースを公開
-90万件の結晶化条件などを整備した実験データ群が利用可能に-
  
2009年7月16日
統合データベースプロジェクトシンポジウム(2009年6月12日 開催)において発表されたポスターのデータや講演の動画を公開いたしました。こちらからご覧いただけます。
  
2009年7月8日
2009年7月3日(金)より「生命科学系データベースアーカイブサービス」へ、シアノバクテリアの変異株ごとに表現型としてクロロフィル蛍光強度の時間変化を取得したデータベース「Fluorome」(東京大学准教授 園池公毅)を追加しました。
  
2009年7月6日
2009年6月12日(金)より文献中に用いられている英語表現の用例を高速に検索できる新サービス「inMeXes」を公開し、本日「統合ホームページ」からのリンクを開設しました。
  
2009年6月12日
統合ホームページにおいて、新サービス「MiGAP」(微生物ゲノムアノテーションパイプライン)が公開されました。
  
2009年6月5日
統合ホームページにおいて、「生命科学データベース横断検索」を用いて「生命科学系データベースアーカイブサービス」および「ゲノム・ポストゲノム主要プロジェクト一覧」のコンテンツが検索できるようになりました。
  
2009年5月22日
統合ホームページにおいて、「生命科学系データベースアーカイブサービス」の登録データベースが7件増えました。
  
2009年4月23日
統合ホームページにおいて、「蛋白質核酸酵素 全文検索」「生命科学データベース横断検索」から『蛋白質核酸酵素』の2006年分バックナンバー(155報)が新たに検索・閲覧できるようになりました。
  
2009年4月20日
統合ホームページにおいて、独立行政法人科学技術振興機構が開発したライフサイエンス分野のメタデータ要素レポジトリ「MDeR」へのリンクが開設されました。
  
2009年4月17日
統合ホームページにおいて、「文科省「ゲノム」研究報告書 全文検索」に2008年度の報告書(154件)が追加され、検索・閲覧できるようになりました。
  
2009年4月15日
統合ホームページにおいて、「生命科学系データベース横断検索」のインターフェースが変わり、検索対象DBが約230件に増えました。
  
2009年3月31日
文部科学省委託研究開発事業「統合データベースプロジェクト」の一環として、独立行政法人産業技術総合研究所生命情報工学研究センターが、タンパク質比較情報ワークフロー統合DB情報基盤サイトより公開しました。
  
2009年3月18日
統合ホームページにおいて、新サービス「生命科学系データベースアーカイブサービス」が公開されました。
  
2009年3月18日
統合ホームページにおいて、「ゲノム・ポストゲノム主要プロジェクト一覧」のURLとインターフェースが変更されました。
  
2009年2月17日
統合ホームページにて、「生命科学系データベースカタログ」に収録のデータベースの数が、東京医科歯科大学の協力により増えました。
  
2009年2月10日
統合ホームページにて、「統合データベースプロジェクト」補完課題を実施する機関の一つである九州工業大学の取り組み(生体分子の熱力学データと構造データの統合)を詳細するサイトへのリンクが開設されました。
  
2009年2月9日
統合ホームページにおいて、「BodyParts3D」からダウンロードできる3次元データが更新されました。
  
2009年1月22日
統合ホームページにおいて、「生命科学データベース横断検索」を用いて検索できる糖鎖関連のデータベースが5データベース追加され、計7データベースとなりました。これは、本事業の研究参画機関の一つである独立行政法人産業技術総合研究所生命情報工学研究センターの協力により実現したものです。
  
2009年1月7日
統合ホームページにおいて、「学会要旨統合検索」を用いて生物物理学会の学会要旨(2000年~2006年)が検索できるようになりました。
  
2008年12月26日
文部科学省委託研究開発事業「統合データベースプロジェクト」の一環として、独立行政法人産業技術総合研究所生命情報工学研究センターが、タンパク質アノテーションワークフロー統合DB情報基盤サイトより公開しました。
  
2008年12月18日
統合ホームページにおいて、「生物アイコン」のインターフェイスが変わり、画像データも追加されました。
  
2008年11月12日
統合ホームページにおいて、「生命科学データベース横断検索」を用いて検索できる特許文書が拡充されました。登録特許(特許権が認められた出願)に加えて、公開特許、公表特許および再公表特許(まだ特許権の認められていない出願)についても検索できます。
  
2008年10月8日
研究参画機関の一つである長浜バイオ大学の池村淑道教授らが作成した「エキスパートがキュレートしたtRNAデータベース(tRNADB-CE)」が、Nucleic Acids ResearchのDatabase Issueに掲載されました。
詳細はこちらをご覧ください。
  
2008年8月26日
文部科学省委託研究開発事業「統合データベースプロジェクト」の一環として、東京大学、東京大学附属病院、東海大学、(株) 日立製作所の研究グループが、ゲノムワイド関連解析(GWAS)のデータベースを公開しました。
  
2008年8月18日
文部科学省委託研究開発事業「統合データベースプロジェクト」の一環として、独立行政法人 産業技術総合研究所糖鎖医工学研究センターが、 日本糖鎖科学統合データベース(JCGGDB)を公開しました。
  
2008年7月1日
統合ホームページにおいて、新サービス「新聞記事検索」が公開されました。
  
2008年5月28日
文部科学省委託研究開発事業「統合データベースプロジェクト」のサービス公開について プレス発表
  
2008年3月12日
統合データベースの教育・人材育成のサイトMotDBをリニューアルしました。
  
2007年10月15日
「統合データベースプロジェクト」補完課題を実施する機関が決定いたしました。
プレス発表
  
2007年10月1日
日本語支援機能をもったゲノムネット統合データベース検索システムを公開しました。
ゲノムネット
  
2007年9月1日
本事業の「医療に関わるデータベースの統合化」を担当する分担機関の一つである京都大学でゲノムネット医薬品データベースを公開しました。
  
2007年8月1日
平成19年度「統合データベースプロジェクト」補完課題の公募について プレス発表
  
2007年7月2日
DBポータルWINGproで、記事を投稿および編集できる機能を公開しました。
  
2007年4月2日
平成19年度以降、本プロジェクトを実施する受託実施機関が決定しました。プレス発表
  
2007年3月30日
本事業のウェブサイトを公開しました。プレス発表