本文へジャンプ

中核機関・分担機関の実施概要

○中核機関事業実施概要

(1)戦略立案・実行評価

ライフサイエンス(基礎生物学および応用生物学(医・薬・農))、情報処理技術、ライフサイエンスデータベース(以下DB)の3分野の専門家による研究運営委員会を組織し、各々の分野の動向に即した我が国のDB整備戦略を立案します。また、この委員会では、その戦略が着実に実行されているか、社会のニーズに適合しているか、などを定常的に評価し、必要に応じて戦略を機動的に変更します。上記委員会に対し、3分野の動向に関する情報の網羅的収集・分析を日常的に行い、それら3分野の最新の俯瞰マップや動向マップを提示するなどして、戦略立案や実行評価を支援する、常勤研究者によるチームを組織します。このような体制のもとで、戦略立案、実行評価の支援業務とのそのための情報収集・分析だけでなく、関係府省、利用者、産業界、出版社・学会、国内外の研究機関、等各種利害関係者との連絡調整等の活動もあわせて行います。

(2)統合データベース開発

我が国の研究者、技術者が、巨大化した分子構造DB、加速度的に増加する分子測定プロジェクトDB、電子化された文献等から、必要とする情報をこれまでより格段に容易に検索して引き出せるようにするための技術とそのための情報基盤(遺伝子や機能の辞書等)を構築します。また、さまざまな解析ツールやDBを簡単に組み合わせて所望の解析や知識発見が行えるようにする技術をあわせて開発します。また、これらの技術や情報基盤を用いて高度な研究開発が効率よく行える統合DB環境を実現します。その際、これまでの分子レベルだけではなく、より高次のレベル(細胞、組織、器官、個体)のデータや知識の整理・統合化を図り、より多くの研究者、技術者がこの環境を利用できるようにします。さらに、この環境ができるだけ日本語で利用できるようにすることにより、我が国の研究者、技術者の情報アクセスへの利便性を高めます。

(3)統合データベース支援

ライフサイエンス、バイオ産業の格段の効率化や質的向上を図るための情報環境・情報基盤の実現には、統合DBの開発だけでなく、それを支援したり、より有効活用したりするための環境の整備が不可欠です。その実現を目指して、DBと解析ツールに関する日本語のコンテンツを作成しつつ、日本語での検索、結果表示が可能で、検索のパーソナル化も可能なポータルサイトを開発します。また、我が国で行われている各種プロジェクトのDBを受け入れ、それを統合DBと相互に連携した形で使えるようにして一般に提供します。さらに、統合DBやポータルサイトの開発・運用・利用に従事できる人材(キュレータ・アノテータ、DB構築者、DB高度利用者)の育成を、高度かつ専門的な教育システムをもつ大学と連携して進めます。

○分担機関事業実施概要

(京都大学)

京都大学化学研究所バイオインフォマティクスセンターにおいて分子情報を中心とした統合データベースを構築します。日本語での統合DB検索システムを半年後に提供し、革新的なウェブ技術とKEGGにおいて人手で構築された知識の体系を融合して、平成22年までにライフサイエンス分野における世界最高水準の知的情報基盤を確立します。

(東京医科歯科大学)

ライフサイエンス関係データベースに散在する臨床・疾患データベース(DB)を分子から個体にいたる多階層の疾患横断的な統合医科学DBへ構築するための高度化・統合化方式を開発することを目的とします。がん疾患、神経疾患を対象に実証します。

(東京大学)

ゲノムワイドなSNPタイピングおよび疾患原因・関連遺伝子のリシークエンスを行い、臨床情報とゲノム・遺伝子情報との関連性を解析してデータベース(DB)化します。このDBをより多くの研究者等が利用することにより、疾患の遺伝要因の解明や、遺伝子診断、疾患の分子疫学等の研究が促進され、個別化医療の実現が進むことを目的とします。このため、以下の4つの業務を行います。

  • (1) 標準SNP DBの構築
  • (2) GWAS(ゲノムワイド関連解析)DBの構築
  • (3) コンソーシアムを基盤とする臨床情報・ゲノム情報DBの構築
  • (4) リシークエンスによる臨床情報・ゲノム情報DBの構築