本文へジャンプ

分担機関の実施概要

(京都大学)

分担機関事業実施概要(京都大学)

京都大学化学研究所バイオインフォマティクスセンターにおいて分子情報を中心とした統合データベースを構築します。日本語での統合DB検索システムを提供し、革新的なウェブ技術とKEGGにおいて人手で構築された知識の体系を融合して、平成22年までにライフサイエンス分野における世界最高水準の知的情報基盤を確立します。


(東京医科歯科大学)

分担機関事業実施概要(東京医科歯科大学)

ライフサイエンス関係データベースに散在する臨床・疾患データベース(DB)を分子から個体にいたる多階層の疾患横断的な統合医科学DBへ構築するための高度化・統合化方式を開発することを目的とします。がん疾患、神経疾患を対象に実証します。


(東京大学)

分担機関事業実施概要(東京大学)

ゲノムワイドなSNPタイピングおよび疾患原因・関連遺伝子のリシークエンスを行い、臨床情報とゲノム・遺伝子情報との関連性を解析してデータベース(DB)化します。このDBをより多くの研究者等が利用することにより、疾患の遺伝要因の解明や、遺伝子診断、疾患の分子疫学等の研究が促進され、個別化医療の実現が進むことを目的とします。